ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
指導者の紹介 

ショコラの指導者を紹介します。

指揮者

神尾 昇
<略歴>
香川県小豆島生まれ。幼少の頃よりピアノ、作曲を始める。
高校2年次より声楽をはじめ、東京藝術大学音楽学部声楽科に入学。卒業後同大学指揮科に再入学、首席で卒業。声楽を鈴木寛一、曽我淑人、前田朋紀各氏に、指揮を佐藤功太郎、高階正光、岩城宏各氏に師事。多くの管弦楽曲を持つ傍ら、オペラ、オペレッタ、ミュージカル、合唱曲も手がける。アマチュアの指導にも積極的で、これまでに多くの団体の指導、演奏会の指揮を行っている。
オペラ指揮者として新国立劇場、二期会、東京室内歌劇場、芸大オペラ科などのアシスタントコンダクター及び合唱指揮、LIP-OPERA、愛媛県民オペラ、芸大オペラプロジェクト、オペラ徳島の指揮者を歴任。
声楽家としても男声カルテット「Kinds(カインズ)」、混声カルテット「Colors(カラーズ)」を結成し積極的な演奏活動を行っている。
 2005年欧州で行われた「第一回ベラ・バルトーク国際指揮者コンクール」において「審査員特別賞」受賞。受賞者披露のガラコンサート「カルメン」で第四幕を指揮。コンクールの最後を飾り、その模様はルーマニア国営放送で放送された。
ピアニスト

赤司 美苗
<略歴>
東京都生まれ。
2000年第6回全日本ベストプレイヤーズコンテストにてピアノ部門優秀賞受賞。
2002年東邦音楽大学音楽学部音楽学科1年次在学中、同大学管弦楽団とグリーグのピアノ協奏曲を共演。
2005年第126回定期研究発表演奏会にソロ出演。
2006年同大学ピアノ専攻を首席で卒業後、日本ピアノ調律協会主催第7回新人演奏会、読売新聞社主催第76回新人演奏会に出演。また、大学在学中よりオペラ公演や合唱団の伴奏などの演奏活動も行っている。
ピアノをこれまでに小出美代子、渡辺秀子、國谷尊之、神谷郁代、アントワネット・ファン・ツァブナーの各氏に師事。
ヴォイス トレーナー

撮影:遠藤湖舟

田辺 いづみ
<略歴>
国際基督教大学人文科学科(音楽学専攻)及び、国立音楽大学声楽学科卒業。同大学大学院オペラコース修了。
スロヴェニアのマリボール国立歌劇場における「カルメン」公演及び埼玉オペラ協会「カルメン」にてカルメン役を歌い高い評価を得る。
モロッコにて、文化庁/日モロッコ国交樹立50周年記念・オペラ「虎月傳」に出演。文化庁/東京トロイカ合唱団・ロシア公演(サンクトペテルブルク)にて、ラフマニノフ「晩祷」のアルト・ソロを歌う。「フィガロの結婚」「コジ・ファン・トゥッテ」「ワルキューレ」「神々の黄昏」「リゴレット」「アンドレア・シェニエ」「アドリアーナ・ルクヴルール」「ジャンニ・スキッキ」等のオペラの他、リゲティ「ル・グラン・マカーブル」、カヴァッリ「ラ・カリスト」、プロコフィエフ「修道院での結婚」等の日本初演に主要キャストとして出演した。宗教曲ではヘンデル「メサイア」、メンデルスゾーン「エリヤ」、ドヴォルザーク「スターバト・マーテル」、デュリュフレ「レクイエム」等のアルト・ソロを務める。二期会、東京室内歌劇場、東京オペラ・プロデュース会員。